《インシデント管理》

《インシデント管理》。いかにも難しそうな言葉ですね。「インシデント」という何だか聞き慣れない横文字の後ろに「管理」なんて、ちょっと固苦しい感じの単語がくっついています。
パッと見た感じ、いかにもコンピューターテクノロジー的な響きがあるものだと思いますが、しかし実は案ずるなかれなんです。
――というのは、つまり、カンタンに考えていけばそれほど難しい概念ではない、ということです。

もちろん、コンピューターを使って何かしらのことを行うときにも、インシデント管理は行われ、細かい管理業務とか管理体制、管理システムみたいなところに話をもぐらせていくと、多少、僕のような文系男子にはややこしい感じになってしまいますが。
けれど、これから世に出ていく身としては、コンピューターという今この瞬間を支えているものについて、そして、それを使った作業や、その作業を管理することについて、知るというのは必要なことでもあるんでしょう、たぶん。

たとえば今の社会を作り、支え、動かしているお金というもの――コレを扱うときにも、コンピューターを始めとした電子的な技術が多く使われています。
今、伝票や帳簿みたいなものも電子的に作成され、管理されたりしている――というのはご存知でしょうか?
《電子帳票》と名づけられたそれは、昔は紙を使って作られていたのが、今ではパソコンのソフトウェアを通して作られるようになった、というものの代表例でもあります。
電子帳票のためのシステムを始めとした、電子的な技術についてのインシデント管理――というこの、ややこしくそして確かに今この瞬間を支えている事柄について、ここでは見ていきましょう。

話題のサイト

サービスデスクで成果を出すのに必要な要素を盛り込んだパッケージをご提案してくれる会社を探しているならここで見つけて下さいね。